雨漏り修理費用についての知識

一言に雨漏り修理費用と言っても、雨漏りの原因には沢山の種類がありますし、当然それぞれにかかる修理費用は大きく異なります。安いものでは1万円くらいから出来る修理もありますが、高額な修理にもなると100万円を超える費用が必要な修理もあります。雨漏り修理費用と聞くとどうしても高額なイメージを持ってしまう方も多いようで、自分で応急処置をしてそのまま放置してしまうという方もいますが、市販で売っている防水テープやシリコン補修と言った方法はあくまでも応急処置であって、時間が経てば当然雨漏りは再発してしまう恐れが高いと考えていた方がいいです。きちんとした雨漏り修理はどうしても高所作業になるので、高所恐怖症の方は勿論ですが、初心者の方にはハードルが高めの作業になってしまいます。

ですから、なるべく雨漏り修理業者に依頼することをお勧めします。雨漏り修理を依頼するうえでぜひ知っておいてもらいたいことが、雨漏り原因が100%経年劣化や修理不良でなければ、実質無料で雨漏り修理できる可能性があるということです。その理由は火災保険の「風災補償」です。風災補償の対象は、台風、旋風、暴風、暴風雨等の強い風による災害により、建物や家財が被害に遭った場合をいいます。

つまり、強い風で雨漏りした場合も風災補償の範囲内ということになります。この火災保険を利用することによって、雨漏り修理費用が実質0円になることもあるということを頭に入れておくと良いでしょう。ただし、風災補償は風災にあってから3年以内に保険会社に連絡を入れる必要があるので合わせて覚えておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です