いつかは必要な給湯器交換

毎日すぐにお湯が出てきて、お風呂も洗い物も不便なく、それが当たり前の生活に慣れているため普段はあまり気にしない給湯器の存在ですが、突然の故障で給湯器交換の必要性は予告なくやってくる場合があります。もし寒い冬の日にお湯が急に出なくなったら、ちょっと困ってしまいます。給湯器は安い買い物ではありませんし、メーカーや種類も豊富です。いざ壊れたのですぐに新しいものを、と思っても工事の予定が多い時期ですと業者さんとの予約日を設定するだけでも一苦労です。

日ごろから給湯器の便利さに感謝しつつ、買い替えのタイミングを考えておくことも必要です。また、突然故障する場合も稀にありますが、故障する前兆があります。例えば出し続けているお湯の温度が一定ではなくなる、運転音の異常、などです。一番安心なのは定期的にメンテナンスで業者さんにチェックしてもらえばよいのですが、なかなか出来ないのではないでしょうか。

通常、給湯器交換は10年から15年くらいが目安といわれています。もちろん、その時期を過ぎても問題がないこともありますが、10年を過ぎると修理で対応してもらおうと思っても、部品の在庫がなければどうしようもありませんし、在庫があったとしても既に古くなっていますので故障のリスクを考えると、修理できたとしても結果的にコストパフォーマンスが良くない可能性があります。やはり10年から15年くらいの期間に給湯器交換を検討されると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です