給湯器交換は10年から15年が目安です。

ご自宅で利用されている給湯システムはキッチンの湯沸し、お風呂のオートバスなど、お湯の蛇口をひねると瞬間的に、いつでもお湯を供給できるもので、最近ではオール電化の住宅が増えて、電気給湯システムが増えつつあるも、多くの家庭でガス給湯器が使われています。ガスと電気を比較してみると料金はガスの方が若干高いようですが、システム設置費用としてはオール電化の方が高くなります。多く利用されているガス給湯器について説明します。ガス給湯器は、一般的に耐用年数が10年から15年といわれており、そのころになると湯沸しの温度や追い炊きシステムに不具合が出ることがありますのでこれが給湯器交換の目安となります。

使用状態により20年使えるというご家庭もあるでしょう。故障する原因として、冬場に連続使用し、機器に過負荷がかかることで急に使用ができなくなることがあります。このころに設備会社への工事依頼が多く、急な対応ができないということもあり、急ぎで対処することで休日対応などとなると特別手当や高い機器の販売となることもあり、給湯器交換費用が高くなることがあります。給湯器交換のタイミングを知るために給湯器のメンテナンスを行うと良いでしょう。

給湯器の燃焼部分の消耗や基盤の故障が主な原因であるためガス会社や設備会社に確認してメンテナンスをしてもらいましょう。不具合が出たら早めに住設会社などに見積もりを取り、対処すると費用が抑えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です