その種類と給湯器交換について

昔は、お風呂に水を溜めて、それを沸かすという方法でしたから、お風呂が沸くまで時間がかかりました。それが、給湯器の登場により、お湯を事前に沸かして、それを溜めておくことが可能になったため、好きな時に素早くお風呂に入ることができ快適な生活を送ることが可能になったのです。この便利な給湯器ですが、種類は大きく分けて3つあります。「電気」「ガス」「石油」です。

電気の場合は、クリーンエネルギーといえますが、お湯が沸くまで時間がかかります。ガスや石油は、お湯が沸くまでの時間が短くて済みますが、燃焼によって起こるエネルギーですから換気の必要があり、また多少の危険性もあります。いずれにしても耐用年数というものがありますから、10年単位で給湯器交換を考えなくてはなりません。ガス給湯器の耐用年数は10年から15年と言われています。

これは使用頻度やメンテナンスをしていたかなどの条件によって異なるため開きがあるのです。ガス給湯器交換のサインは温度が一定しなくなる、異音がする、お湯の温度がぬるくなるなどがあり、それに気づいた時点で、早急に対応する必要が出てくるわけです。問い合わせに関しては、使っている機械メーカーのメンテナンス窓口に電話することです。そこで相談して給湯器交換するのか修理するのかを決定します。

設置してからあまり期間が経っていなければ修理で済みますが、10年以上経過していると給湯器交換を勧められる可能性が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です