岡山市内でトイレの水漏れが生じたときにやるべきこと

岡山県の中でも県庁所在地になる岡山市には多数の水道修理会社があり、トイレの水漏れ修理など短時間で出張修理を可能にしているところも少なくありません。岡山市内であれば最短30分で駆けつける、このような宣伝を行っている会社もあるのですが、岡山市は決して狭い地域ではなく市域内で30分で行くことができる場所はある程度特定されます。しかし、このような会社の場合は、修理スタッフが車で市内を循環していて依頼主の住所から最も近い場所を巡回しているスタッフを派遣させるスタイルを持つため、宣伝通り30分以内で出張修理ができる仕組みになっているようです。トイレの水漏れには給水系と排水系の2つにわけることができますが、排水系の場合は階下にも影響を与える可能性があるため早めに対処して貰う必要が出て来ます。

特に、アパートやマンションなどのような集合住宅で水漏れが生じた際には天井から汚水がたれることになるわけですから早急な修理が必要です。これに対して、タンクから便器に流れる水が止まらなくなったなどのときにはトイレの止水栓を閉じておけばタンクに流れる水が止まる、タンク内が空になれば一時的に水漏れを停止させることが可能です。流れ続けていると僅かな量でも無駄な水を流していることになりますので、このような症状が起きた際には第一に止水栓を閉じてから修理会社に連絡する、もしくはタンク内の構造を知っている場合は中を覗いて部品が外れていないのか確認すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です