浴室リフォームのポイント

お風呂は1日の疲れを取ってくれる重要な存在です。浴室をリフォームすれば大幅に快適さをアップすることができます。リフォームのクラスは大まかに3つ程度のランクに分かれていることが多く、ベーシック、ミドル、ハイグレードなどと名付けられています。これらのランクでは内壁や浴槽が特に大きく異なっています。

浴室のリフォームにおいては単にお風呂を綺麗にしたい、大きくしたいというケースもありますが、オプションで新しい機能を付加することも目的の1つとなっています。具体的なオプションの内容としては暖房換気扇、換気暖房乾燥機、浴室テレビ、ジェットバスなどがあります。これらにかかる費用はそれぞれ大きく異なります。例えば暖房換気扇を設置するならば4万円前後かかるのに対し、ジェットバスは12万円前後かかります。

つまり、オプションをどう付けるかによって全体の費用が大きく変わってくるということです。オプションの内容のみの工事を依頼する場合は、浴室全体をリフォームする際のオプションに比べると割高になることが多いので注意しておきましょう。昨今では高齢化の影響を受け、浴槽に手すりを設置する家庭が増えています。手すりを付けるのは1万円前後であり、オプションの中では安価な部類に入ります。

そのため、家族にお年寄りがおられる場合は設置することをお勧めします。また、小学生くらいの子供の小さな力でも開けられるように引き戸へと交換するケースもあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*