浴室の浴槽をリフォーム

木造建築の一戸建ては、浴室の床下が湿気で腐敗しやすいです。築年数が経過している場合は、リフォーム業者に相談して、確認してもらうのも良いでしょう。メンテナンスとして取り扱われれば、出張工事費のみで対応してもらえます。ただし、メンテナンスによって不具合や故障が発見された場合は、そのまま見積もりを依頼して、対応してもらうと良いでしょう。

浴室の床下の不具合で代表的な症状がシロアリ被害です。シロアリが発見される場合もありますし、すでにシロアリが生息していなくても蟻道と呼ばれるシロアリが生息していた痕跡が見つかる場合もあります。いずれの場合も、木材が食べられてしまっていますので、要注意です。浴槽周辺だけであれば、柱や梁が無事で、最小限のリフォームで対応できる場合が多いので、まずは状況の確認をしてもらうと良いでしょう。

木材は内部のみを食べられてしまいますので、見た目では分かりにくいこともあります。浴室の浴槽は、かなりの重量になります。シロアリ被害が床下で発生していると、落下の危険もでてきます。リフォームは、浴槽が落下しないように梁材や補助材で施工してもらいます。

浴槽を軽量化するのも良いでしょう。浴槽のリフォームは、設置場所の環境と、浴槽そのものの新規交換がポイントです。浴槽そのものを新規交換するときに、設置場所と接触面をリフォームできます。防水性も高まりますので、修繕するだけの場合よりも、耐久性能が向上します。

さらにシロアリ防除の薬剤を床下に散布しておくと安心です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*