浴室のヌルヌルした床をリフォーム

浴室のヌルヌルしてしまった床が、なかなか掃除できないときは、思い切って汚れにくい床材にリフォームすると良いでしょう。ヌルヌルの原因として挙げられるのが、石鹸カスの汚れですが、石鹸カスの汚れをエサにする微生物の繁殖が主な原因です。もちろんカビが繁殖してしまう場合もあります。表面的なヌルヌルは、清掃で除去できますが、あまり擦って落としていると、床材そのものが傷んでしまいます。

ヌルヌルが落としにくくなるのは、そうした小さな傷に石鹸カスが入り込んで、微生物が繁殖してしまうからです。浴室の床で、石鹸カスを栄養源にする微生物の代表が酵母菌です。ピンク色に染まりますので、カビの黒さとは異なります。酵母菌が繁殖しないようにするなら、多少は擦っても傷がつきにくい素材の床にすると良いでしょう。

耐久性の高い樹脂製の床にリフォームすれば、擦っても傷つきにくくなります。なによりも石鹸カスそのものが付着しにくくなります。樹脂製の床は、材質にもよりますが、清掃が簡単なタイプを指定すると良いでしょう。浴室のリフォーム業者は、ある程度の目安を提示してくれます。

カビが繁殖しにくいように改善したり、湿気がこもりにくいように改善したり、主な目的を設定した上でプランを提案してくれます。ヌルヌルしないようにするなら、撥水性が高く、石鹸成分が残留しにくい床材が最適です。軽くシャワーで水洗いするだけで、石鹸カスの汚れを洗い流せるタイプです。床と壁をそろえることも可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*