ポンプ交換の時期はいつ

ポンプ交換の時期は約10年と言われています、ただし実際にはその前に故障などによってポンプ交換を余儀なくされてしまうこともありますし、10年以上経過しているにもかかわらず、全く問題なく動いているものもあります。使用環境などの違いもありますが、メンテナンスによって耐久年数は全く変わります。ポンプ交換によって問題を解決する場合と、修理によっては解決する場合がありますが、これは事後保全と言われるものです。人間でいえば、病気になってから病院に行って治すのと同じです。

しかしメンテナンスを定期的に行っていると、ポンプの耐久性は2倍ほどになると言われています。ポンプの点検や整備といったメンテナンスを行い、消耗している部品などをマメに交換するといったものを予防保全といいます。これも人間で表現するならば、先に健康を維持するために生活習慣を見直したり、食事の内容に気をつけたり、気になるところがあれば健康食品やサプリ等で補うといったことに近いものです。サプリなどを購入するにもお金がかかりますが、大病を患ってしまったときの損失に比べれば、小さなものです。

これをポンプに置き換えても、同じような結果が得られます。定期的なメンテナンスやそれに伴う部品交換にはお金がかかりますが、ポンプ自体を交換するよりはずっと負担が少なくて済みますし、他の設備を傷めることもありません。ポンプの不具合は、建物そのものの劣化を早めることにもつながります。最小の負担で抑えるためには、予防保全が有効なのです。

防熱の窓のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*