湧水ポンプ交換でオススメなのは

水が湧いてしまった時に排水するためのポンプが、湧水ポンプです。「なにかあった時」に使うようなものですので、普段は気に掛けることもあまりないものです。しかしいざとなった時に動かないでは話になりません。古いタイプのものは鉄製であることがほとんどで、錆による劣化はいつの間にか起こっています。

このようなポンプの耐用年数は10年と言われていますが、その間に全くメンテナンスを行っていないのであれば、5年ほどで事後保全が必要となってしまう不具合を出すこともあります。最悪の場合にはポンプ交換になってしまうでしょう。前もって定期なメンテナンスを行っていれば、15年ほどに延びることも少なくありません。また大きな不具合を出してしまってからポンプ交換を行うと、それ以外の設備にも支障を出していることも考えられます。

できる限りコストを抑えるといった面からも、錆びにくいポンプや配管に交換し、その後メンテナンスを定期的に行うのがオススメです。錆による固着が少ないステンレスや樹脂が使われているポンプ交換が近頃では多くなっています。これは錆びることなく、軽量でもあるため負担が軽く、他の設備を傷めにくくなっています。メンテナンスも大変行いやすい形状になっています。

配管も、どうしても鉄を使用しなければならない場合には、耐衝撃性の強くできるだけさびにくい加工があるものなどを使用することもできます。まずは専門業者に話を聞いて、現状を見てもらうとよいでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*