フロアコーティングの耐用年数と剥離について

フロアコーティングは住宅のフローリング床に対してフローリングの美観の維持や耐久性を高める事、そして吸水性を低減すると言ったメリットを持ちます。毎日の掃除が楽になることで主婦の人も助かりますし、いつまでも綺麗な状態を維持できるため、半年や1年に一回のワックスがけも要らなくなり、労力を使う必要もないわけです。ワックスがけはフローリング床を綺麗な状態にするために行いますが半年や1年と言った耐用年数になるのでその都度メンテナンスが必要です。部屋の中に置いてある家具類を他の部屋に運んで、フローリング床を掃除して、ワックスを剥離させてから新しいワックスを使います。

ワックスがけが終わって乾いたら家具を元に戻すと言った事が必要になるわけです。フロアコーティングは材料により耐用年数が違いますが、1度フロアコーティングを施す事で、3年や5年、長いフロアコーティングなら30年の耐用年数になると言われています。尚、フロアコーティングを選ぶ時は剥離についても考える必要が有ります。剥離と言うのは古い塗装の膜を剥がす事で、剥離を行う事で新しいコーティング材料が綺麗な膜を作り出してフローリング床を綺麗な状態に仕上げる事が出来るのです。

30年などの耐用年数を持つコーティング材は剥離が出来ないものも有ります。剥離が出来ないと綺麗に仕上げが出来ないわけです。建物の寿命なども加味して選ばないとフローリング床を張り替えしなければならなくなることもあるのです。防熱の窓のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*